大学や看護大学を出て看護師になる!

日勤常勤看護師 → 日勤常勤看護師になるために-大学や看護大学

日勤常勤看護師になるために-大学や看護大学

これまで看護師と言えば、看護専門学校に進学して国家試験に合格という道を進む人が圧倒的でした。実際今でも現場で働く約4割もの看護師が、看護専門学校出身と言われています。そのような中、近年増えているのが大学への進学、看護大学への進学です。
看護師パートの求人-車通勤可能な職場

高校を卒業した後、4年間大学に通うことになります。大学の場合、「看護学部」「看護学科」などといった科になるでしょう。看護専門学校と違って、一年長く通わなければなりません。それなのになぜ大学への進学者が増えているのでしょうか。

ひとつには得られる資格の数にあります。大学の場合、看護師の受験資格だけでなく、保健師や助産師の受験資格を得られることも多いです。教育系の学部を持つ大学だと、養護教諭の免許が得られることもあります。つまり大学卒業後の選択肢が広がるというわけです。

また大学では看護以外の学問も広く学べるという特徴があります。自分で考え、行動する力が求められる看護師の仕事では、そうした経験が活かされるでしょう。他の学問を専門に学ぶ学生など、色々な人と付き合い人脈を広げられることも魅力のひとつと言えるかもしれません。

最近では地方自治体の保健師を目指す人や企業への就職を目指す人も多いので、大学への進学はそうした道をより広げてくれるでしょう。大学を選ぶ際には、その大学の卒業生がどのような道に進んだか、どんなところに就職したのかを調べておきたいですね。

各大学のホームページや入学案内などに記載されていることが多いので、見てみましょう。大学となると少し入学のハードルは高くなりますが、今は全国に140を超える看護系大学があるので、自分に合った大学を見るけることも可能です。

特にはじめから保健師や助産師の資格もほしいと思っている方は、そうした資格が取れる大学への進学をおすすめします。看護専門学校だと卒業後にまたそうした資格が取れる学校に入りなおさなければならないからです。将来の選択肢を増やすという意味でも、大学進学はおすすめです。

日勤常勤看護師になるために-衛生看護科

看護師になる方法はいくつかありますが、最短ルートと言われているのが「高校の衛生看護科」への進学です。高校の衛生看護科ということで、たとえば普通科や商業科、工業科といった学科があるなかのひとつということになります。衛生看護科の特徴は、最短で看護師になれることです。

衛生看護科を卒業すると「准看護師」の受験資格を得られます。准看護師とは都道府県知事から得られる資格で、国家資格の「正看護師」とは違います。一般的に正看護師よりも仕事の範囲は限られ、給与も低い傾向にありますが、決して役に立たない資格ではありません。

むしろ地方や個人経営のクリニックなどでは重宝される傾向にあります。今でも准看護師を積極的に雇用している医療機関も少なくありません。

一方で数年前から准看護師の廃止を含めた看護師資格の改革の話が出ているので、進学を考える際にはそのあたりを考慮する必要があるでしょう。ただし衛生看護科でも正看護師になることは可能です。

衛生看護科を卒業して准看護師の資格を取得すれば、「専攻科」という正看護師の受験資格を得られる道に進むこともできます。専攻科は2年間になるので、高校卒業後2年で正看護師になれる可能性があるのです。いずれにしろ、衛生看護科は看護師になる最短ルートと言えます。

高校によってははじめから5年制カリキュラムで、正看護師の受験資格を得られるところもあるので、そうしたところに進学するのもいいでしょう。衛生看護科に進む時にひとつ考えておかなければならないことは、「ハードな高校生活になる」ということです。

衛生看護科では高校卒業資格を得るために一般的な高校のカリキュラムをこなし、単位を取得しなければなりません。国語、数学、英語などといった一般的な科目を履修しながら、それとは別に看護の勉強、実習などがあるのです。最短ルートゆえの面ではありますが、普通の高校生活に比べると大変なものになるでしょう。